サプリメント選びで失敗しないための法則


野菜

サプリメント選びで失敗しない法則をお教えします。

サプリメント業界の秘密をばらしちゃいます。

結果の出ないサプリをまだ飲み続けるのですか?

サプリメント選びで成功する7つのポイントとは?


▽特集 アトピー、花粉症、喘息の方に朗報です!
今なら無料冊子プレゼント


「アトピーですね、薬を出しておきます。」と先生に言われ、診察室を出る。
そして薬はいつも同じ。


皮膚科はどこへ行っても、いつも同じ対応です。
特別処置をしてくれるわけではありません。
してくれることといったらビタミン注射か、クリームを塗ってくれるくらいです。


 アトピーでこの薬を使ったことのある方はご存知のように、
 一時良くなるけど、その後しばらく立つとまたかゆくなったり症状がもとに戻って しまいます。
アトピーの方は、みんなこの繰り返しです。


なぜなら、表面に出てきた症状に対処しているだけですから。

同じことは、アトピーに限らず、ぜんそく、花粉症などの「アレルギー」全般にも いえることです。


症状がからだに出るということは、
いち花粉症という 問題だけではないのです。

からだのアラーム信号だと思って下さい。

花粉症になるということは、からだの代謝異常ですから、
代謝異常の最たるものであるガンについても視野にいれる必要があります。

「花粉症対策」を行うことは、
「からだの代謝異常」を対策することにも通じることなのです。

ですので、今自分は花粉症でないから関係ないと思っていても、
いつ花粉症になってもおかしく ないわけですし、
「からだの代謝異常」が花粉症以外のところにあらわれるかもしれないのです。



もし心配なら、この冊子で学習してみてはいかがですか?

もちろん、花粉症の方だけではなく、アトピー、ぜんそくなど「アレルギー」にお悩みの方に読んでいただきたい。

冊子の詳細はこちら → 「もう悩まなくてもいい!花粉症・アレルギー体質から簡単に脱出する方法」




はじめまして、こんにちは。健康とサプリメント考える会と申します。

これだけたくさんのサプリメントがあると、どれを買ったらよいのかわからないということが起こっています。

このサイトでは、そんなあなたにサプリメント選びで失敗しないための法則を伝授します。

◆これまでの「食生活の常識」が新しいコンセプトを生み出した。それは・・・。
◆95人中65人もの方がサプリメントに感じたものとは?
◆栄養補助が見えたら人生のバランスのヒントも見える。
◆ウンチで見分けるあなたの腸の健康、その超簡単な方法とは?
◆結果を生み出すのに「まぐれ」はない。この法則を一挙公開。

あなたは、これによりサプリメントに出来うる最大限の効果を、最も簡単にしかも安価な方法で手にすることになります。


●自分に合ったサプリメントが見つからない。
●今使っているサプリメントは、安全なのかな?
●正しいサプリメントの摂り方がわからない。
●どうすれば体質は改善できるのかな?
●今まで満足できるサプリメントに出会ったことがない。
●いろいろな方法や健康食品を試しても、思ったような効果が表れない。
●その結果、「私は生まれつきアレルギーだから・・・」と言って、諦めていませんか?。

このような不安や不満を抱えている方が多くおられます。

でも、そんな悩みが改善できるとしたら?

最初にお断りをさせていただきますが、わたしは栄養士や薬剤師ではありません。
ましてや、医者でもありませんので、専門の方から見たらおかしいと思われることもあるかもしれません。


その素人のわたしがなぜ、サプリメントに興味を持ち、サプリメントについて勉強するようになったのか?
健康とサプリメントを考える会の主宰者とは?

5年ほど前には、サプリメントという言葉さえほとんどの方が知りませんでした。
(わたしも知りませんでした。)
しかし、今では「サプリメント」という言葉はだいぶわたしたち日本人の生活にも浸透してきました。
コンビニに行けばたくさんのサプリメント、栄養ドリンクが売っています。
また、でも毎日いろんな会社がサプリメントのコマーシャルをやっています。

しかし、今度はこれだけのたくさんのサプリメントがあると、どれを買ったらよいのかわからないということが起こっています。
このサイトでは良い製品を見分ける為のポイントをお話します。

サプリメントがその威力を発揮するのは決してまぐれではありません。
そこには「結果」を出すことになる理由があるのです。
でもその前に、なぜサプリメントを摂る必要があるのでしょうか?


■サプリが必要な理由

あなたは、現在健康な日本人は、何人いると思いますか。
住友生命の調査によると、以下のような結果でした。

病人     59%
半病人    36%
健康      5%

健康な人は、日本人のわずか、5%だということです。

病気にならない健康なからだをつくるのには、どうすればよいのでしょうか?

医療においては、2つの考え方があると思います。

・病気になってから治す。悪いところを治す・・・治療医学
・病気にならないような健康なからだ作りをする。
 悪くならないようにする。・・・予防医学

最近は、この予防医学ということが注目されてきています。

いま、人間の免疫力が下がっています。

米国では、現在3人に1人がガンに侵されています。
日本では、1000万人以上が糖尿病にかかっています。
また、日本人の3人に1人が高コレストロールですし、最近では結核が復活しています。
日本人の約4万人が発症していて、この数字は先進国でのトップです。
それでは、なぜ免疫力が下がっているのでしょう。

ひとつの原因として考えらているのは、人間の代謝異常ではないかといわれています。
日本の空気は、多量のダイオキシンに汚染されています。
ダイオキシンは、人工毒の中で最も毒性の強い物質で、サリンの2倍、青酸カリの1,000倍の殺生能力があるといわれています。
なぜ日本の空気は、ダイオキシンに汚染されているかというと、世界の焼却炉設備の約70%が日本に集中しているからなのです。
(日本には、1,884ヶ所の大型焼却炉があります。)

雨水が空気中の汚染物質を吸着し、有害物質が土中に入り野菜や果物が汚染されます。
その汚染された野菜や果物を、わたしたちが食べるわけです。
人間の代謝異常は、このダイオキシンが原因のひとつらしいのです。
それだけではありません。

わたしたちが、知らず知らず食べている食品添加物の量は、1日約15グラムです。
この食品添加物は、ほとんどの食品に含まれています。
(例えば、ウインナーソーセージには酸化防止剤、防腐剤、PH調整剤など約8種類含まれている。)
農薬、化学肥料、抗生物質の世界最大の生産国であり、消費国は日本です。
また、ほかにもさまざまな外部からの刺激にさらされています。

・自動車の排気ガスや工場の排煙などに汚染された大気。
・オゾン層の破壊により有害な紫外線が以前より強く地球上に降りそそいでいる。
・仕事や私生活でのストレス
・パソコンやテレビ、携帯電話、電子レンジなどの危険な電磁波。
・不規則な生活による栄養価の偏り。

こうした外部からの刺激が、活性酸素の発生となります。

本来活性酸素は、こうした刺激からからだを守るため発生するのですが、
現代はあまりにも外部からの刺激が多いために、 活性酸素が体内に異常に増えてしまいます。


すると活性酸素は、

・細胞を酸化させて細胞を錆びつかせます。
(りんごを切って空気中にそのまま置いておくと茶色くなりますね。  それが酸化という現象です。)

・活性酸素が体内で発生すると、有害な物質を体内につくります。(過酸化脂質)

・この物質が、老化をはじめ脳梗塞、心筋梗塞、ガンなどの発生につながります。

これを防ぐには、活性酸素の発生を防ぐ抗酸化力を持つ栄養素を 体内に摂取する必要があります。
私たちの体をつくっている60〜80兆個もの細胞ひとつひとつを、 活性酸素による酸化(さびつき)から守って健康に保つには
抗酸化力のあるビタミン、ミネラルが必要です。
活性酸素の発生を防ぐ抗酸化力を持つ栄養素を 体内に摂取する必要があります。

活性酸素を発生させる要因に囲まれながら暮らしている私たちは、
昔の人たちよりもはるかに多くの抗酸化栄養素を摂取する必要に迫られています。

ところが、ビタミン,ミネラルは野菜や海藻などから摂取することはできますが、
現在、私たちの食卓に並んでいる食べ物に、細胞が健康にはたらくのに必要なだけの栄養素が、 もはや含まれていません。

私たちが現在口にしている野菜や果物は、半世紀以上に渡る大量の農薬使用や品種改良の結果、 見栄えは良くても実際には、やせた土壌から取れる栄養素の少ない食べ物になっています。

さらに、冷凍、加熱処理や、缶詰にして保存する事で必要な栄養素がさらに失われてしまっています。
そこで、サプリメントによってビタミン,ミネラルを補給する必要があるわけです。

野菜から栄養素が減ってきている現実米国国立保健研究所は 「果物や野菜を1日に5品目以上食べること」を推奨していますが、 これを実行している人はアメリカの総人口の20%以下であると推定されています。

その上、や野菜の成育、収穫、保存及び流通効率の改善によって、 果物や野菜に含まれる栄養素の量が減ってきていることが報告されているのです。

ただでさえ野菜を食べなくなっている。
食べたところで栄養素の量が減っている。

賢明な私たちは、この現実を直視しましょう。
上記の例は米国での例でしたが、このことは日本においても同様だと言えます。

こどもの頃、母から「もっと野菜を食べなさい。」と言われていたのは、正しいのです。

ただし、サプリメントを摂っても健康な食生活に代わることは出来ません。
が、ほとんどの人が毎日の食事では十分な栄養素量を摂取できないのが現代社会であることも事実です。

現代人がこれだけ慢性疲労に悩まされているのは、「血液が疲れているからだ。」という説もあります。
しかし血液が疲れていても、お医者さんには「病気」とは認めてもらえないのです。
それは病名がないからです。

あなたの慢性疲労は、慢性的な栄養不足によってもたらされている可能性も高いことを認識ください。
食生活の変化による加工食品、精製白米、精製小麦粉、
栄養価の少ない土地で作る栄養価の低い野菜、
糖分の過剰摂取、過剰なカロリー、ビタミンの慢性欠乏、繊維の慢性欠乏、

現代の病気の9割は食生活の狂いによって引き起こされている「食源病」だ、
とまで指摘されることになったのです。


サプリメントはこうした現代の栄養素不足を補助するだけです。
「栄養素がたりない」と思う人が、「補助する為には便利だわ。」と思った場合に使う 「お役立ちアイテム」です。
ですから、サプリメントを日本語では「栄養補助食品」というのです。
あるべきものを手に入れるもっとも便利で簡単な方法が「サプリメント」なのです。

決してサプリメントは病気を治すために摂るのではありません。
「本来あるべきものがある状態」を再現する必要を自ら感じる人だけが、 あくまでも「補う」の為に摂る補助食品です。

栄養補助をしなければならないことが社会的にも明確になりつつあるからこそ、 これだけサプリメント製品が注目されているのは言うまでもありませんが、
サプリメントで補うことを「当たり前」と考えるか、
食事だけで栄養をとることが「当たり前」と考えるか、

もちろん、それは一人一人の判断です。

私は「一人でも多くの方にサプリメントの便利さに早く気づいて欲しい。」と思っています。

ある人は、サプリメントの役割をうまく表現しています。

それは、
「サプリメントが『結果』を出すことは、おおいにあります。と言うか、サプリメントは結果を出すものなのです。しかしこれは、『病気をどうやって治すか。』という話ではなく、 『健康とはどういう状態か。』という領域の話なのです。ややこしいとは思いますが、サプリメントは病気には役に立たず、健康にとって役に立つのです。」


それでは、どういったサプリメントを摂れば良いのでしょうか?

サプリメント選びで失敗しないためのチェックポイントがあります。


ポイントは、全部で7つあります。

真剣に健康になりたい方に無料冊子を進呈いたします。


これは、PDF冊子「サプリメント選びで失敗しないための法則」の無料プレビュー版です。

この中で7つのポイントを提示いたしております。
ですので、お知りになりたい方は是非無料プレビュー版をご覧になってみて下さい。


また、7つのチェックポイントをクリアしているサプリメントと会社は、
PDF冊子の有料版にて公開しています。
入手の仕方、摂り方等具体的にお教えいたします。

「何だよ、もったいぶって。」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、薬事法の関係で不特定多数の方にその製品をおおっぴらにすることはできないのです。
海外において、いくら素晴らしい実績がある製品であっても、
日本国の規制によりおおっぴらな宣伝、告知ができないという事実をご理解下さい。

なお、インターネットなどで不特定多数に商品名を公開して個人輸入代行を行う業者もいますが、
違法業者の可能性がありますのでご注意下さいね。


以上のことをご理解いただいた方のみ無料プレビュー版冊子をお申込下さい。

無料プレビュー版冊子ご希望の方はこちらから



特定商取引表示

サプリコラム


1.ビタミン、ミネラルよりも大切な?栄養素とは何か?
2.コエンザイムQ10とは
3.毒素の排除
4.鉱物油の正体
5.儲かる?サプリメントビジネス
6.CoQ10にからめてのサプリメント選びの基準
7.ダイエットサプリメントに潜む危険性
8.パワー対フォース
9.ミネラルの大切さ
10.ウンチの大事な話
11.シャンプーすると頭がかゆい?
12.助産婦さんの手はなぜきれい?
13.体内毒素(人工毒)の排除をどうするのか?
14.肩こりや腰痛の原因は?
15.有害物質(重金属類)吸着に効果がある物質ーキチンキトサン
16.本物のところてん
16.視力回復法
17.米と氣とパワーの関係
18.米と7人の侍


サプリメント関連基礎辞典

花粉症とは?
CoQ10とは?

毎週新しい情報をお伝えしています。
無料メールマガジンもご購読下さい。
週刊「サプリメント選びで失敗しないための法則」 (マガジンID:0000126815)

期間限定!今なら冊子プレゼント
プレゼント方法についてはこちら

サンプルページ

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

美容・健康 ランキング


このページを友達に知らせる

ほんとうの花粉症対策



メールマガジン「サプリメント選びで失敗しないための法則





わたしのお気に入りリンク集です。
リンクフリーですので、
相互リンクをお願いいたします。m(__)m

健康に関するリンク集

素晴らしい仲間のリンク集

その他のリンク集

かんたん相互リンク集





<PR>アルファリポ酸
<PR>情報起業家のためのブログ
<PR>せっけんシャンプー


BBS7.COM
MENURNDNEXT


ブログアフィリエイトで日給8万円(サイト)